FC2ブログ

宇宙戦艦ヤマトの創作二次小説と思うことなど

»カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
»プロフィール

ゆきんこ

Author:ゆきんこ
こんにちは。ヤマトの古代君と雪が大好きです!

»最新記事
»最新コメント
»最新トラックバック
»月別アーカイブ
»カテゴリ
»訪問者数
»RSSリンクの表示
»リンク
»検索フォーム

ハイドム・ギムレー。

2019-06-25 (Tue) 00:00
まさか再び出て来るなんて!!と、吃驚した中でも驚いたのが、ギムレーでした。

涼しい顔をして「殲滅のメロディーを!」と言い、星の一つを破壊し、
「これが死か・・・」と言って死んで行った紅茶を嗜む嫌な奴が、生きていたなんて ( ゚Д゚)!!

2202で再登場した時、右目に傷を負っていました。
どうやって生きのびていたのか、
デスラーの生還と合わせ、彼の脱出の様子も見てみたいです。
因みに、公式サイトより、2199と2202のギムレーの説明です;


--- --- --- --- --- ---

2199、ハイドム・ギムレー
第ガミラス帝国 親衛隊隊長
地球に於ける年齢換算で39歳
帝国内政面での暴力装置である親衛隊のトップで治安維持の責任者。
傘下に秘密警察を擁し、帝国への反乱分子を監視摘発して徹底的に弾圧する。
親衛隊は独自に航宙艦隊を編成しており、親衛隊が国軍に取って代わる機会を虎視眈々と狙っている。

--- --- --- --- --- ---

2202、ハイドム・ギムレー
かつては大ガミラス帝国の親衛隊長として恐れられていた男。ガミラス本星での決戦時、第二バレラスの爆発に巻き込まれて死亡したと思われていたが、一命を取り留めていた。
母星の寿命で滅びが近づくガミラス民族を救うには強権よる 統制不可欠と 信じ、民主化を推し進めるガミラス現政権の打倒を目論む。
「デスラー体制復活派」の首謀者として暗躍し、ランハルトを新たな総統に担ぎ上げ武力蜂起する準備を整えていた。だが、当のランハルト=クラウス・キーマンは現政権派に属するスパイであり、彼の告発によりガミラス国家警備警察に身柄を拘束されるという皮肉な結末を迎えた。

--- --- --- --- --- ---

2202で再登場した際に「あれ?」と思ったのが、彼の右目です。
爆発に巻き込まれたせいで、右目が傷ついてしまったようですね。

星を殲滅させるほどのことをした嫌な奴でしたが、それ故、強烈に心に残っていたのかな。
人相もそれと声の感じも、あれはまさに「ギムレー」以外の者ではありませんでした。

彼は、再び捉えられてしまいました。

「デスラー体制復活派」というのは、ガミラスの版図拡大を目指す派のことなんですかね?
それとも、
デスラーの本当の心を理解した上での、デスラーの理解者としての行動だったんでしょうか?


>親衛隊は独自に航宙艦隊を編成しており、親衛隊が国軍に取って代わる機会を虎視眈々と狙っている。

再度、上記のような気持であれば、ちょっと彼に対する気持ちが違ってきますけれど。

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト
ジャンル : アニメ・コミック

人物 | comments(0) | trackback(0) |

何べん、何回、どの位 (^-^)。

2019-06-24 (Mon) 00:00
「”はい”、って、何べん言わせる気?」

2202第三章で、雪が古代君に答えた場面でのセリフです。

これからすると、古代君は「僕と結婚して欲しい」と、それまでにも何度か聞いている・言っているようなのですが、
何回位、どんな時にそんなことを言ったのか。

しかし、「何べん」って (^-^)、2202古代君、あんた一体、何故にそんな?

何べんというと、
少なくとも二度は雪は「はい」と答えていると思うのですが、
でもって、三回聞いているのかどうか、というところでしょうか。
今回、シュトラバーゼでのダイビングのことがあって聞かれて、「はい」と答えて三回目 (≧▽≦) ☆???

でも、なんで何度も「結婚しよう」と、言うのでしょう。
指輪を返されたことについて、再度お願いしたのはあるでしょう。
何べんも、というのは、
古代君自身が、雪から結婚を受け入れて貰って嬉しくて、何度も返事を聞きたかったというのと、
本当に雪が自分と結婚してくれるんだろうかという、不安もあったのではないか、
だから、何度も確かめたくて聞いたのではないのか?、と、そんな想像は簡単に出来ます。

旧作の古代君は、そこのところ、もしかして違うんじゃないのかな?
一度言ったら、恥ずかしくて、あまり言わなさそうな気がするのですが (*^^*)?


雪からすれば、何度も聞いてくれることは嬉しかったんじゃないかと思うし、
女子の憧れの姿じゃないのかな~ (^-^) と思う一方で、
2202古代君のそこんところの理由を聞きたいもんであります。←本人は嫌がるでしょうが。

流石に5回以上になると、「何で?」ってな方向になるかもしれませんが。

・・・。

雪は数えていたりするのかな (^-^)?

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト
ジャンル : アニメ・コミック

言葉・セリフ | comments(0) | trackback(0) |

お見合いとか結婚とか。

2019-06-23 (Sun) 00:00
旧作古代君と雪は十九歳から二十歳くらいで結婚の約束をしたわけですが、
雪の両親が雪にお見合いを進めていたことがあったから、尚更自然に、二人の婚約についてはなるほどと、ガテンが行きました。


「結婚」という単語や言葉が簡単に出て来るのも、それを考えることも、いつの時代以上に考えられていたようです。
地球人類が死滅してしまうかもしれない。その前に、幸せをかみしめる為に、というのもあったろうし、生きのびて次に続く人類を残すのだ、という、本能的に出て来る気持ちや希望から、雪のご両親も雪に結婚を進めていたのかな、と思います。
『こんな時だから子供が必要なの。子供は未来への希望だわ云々』・・・だったか、雪ママはそんなことを言っていました。

今、書きながら思ったんですが、
そう言えば、昔、雪ママのそんな言葉を聞いてもそんなに感じてはいなかったけれど、
この状況下、未来に目を向けたそういう言葉を発することの出来る雪ママって、凄く強い!

現状をただ泣き暮す人じゃない、
立ち向かって、未来や彼方を見渡すことの出来る人なんだと、思いました。

この惨状の中で娘にお見合いの話をする雪ママに対して、私は昔は、
自分の娘の幸せだけを願う、了見も視野も狭い人なのではないか、気位も高そうで・・・、なんて風にも考えたりしていましたが、
私の考えこそ違うのではないか、と、ハタと、思い当たりました。


古代君自身”さみしんぼ”みたいなところがあるし、二人が結婚することは、ああ、そうなのだと、納得は出来ましたし、
雪ママと雪パパに進められていたというのが強烈な印象としてあるから、雪が若くして結婚することはあり得ることなんだと思いましたが (^_^;)、
けれど2199の雪に「結婚」というのはなんだか意外でした。

朴念仁の古代君と、仕事に生きそうなキャリアウーマン系の雪は、
ガミラスが襲ってこなかったら、そこまで行くことはなかったのでは?
これは、雪だけのことではなくて、
古代君も、どうも結婚には程遠かった人なのではと思うのですが・・・ (^_^;)。

古代君は”さみしんぼ”的なところもあると書きましたが、だからと言ってホイホイ結婚して安心したい、という人ではなさそうだし、
「結婚」なんて、彼の辞書にはなかった言葉だったのではないでしょうか。だって、「朴念仁」だから (^_^;)。

意外 × 意外

な、組み合わせは、ビッグバン的な作用を互いに齎したのではないでしょうか。

機械には想定できないことが、人間の感情なんでしょうね。 ← 二人って、何ものヨ (^_^;) ☆。

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト
ジャンル : アニメ・コミック

状況 | comments(4) | trackback(0) |

OPの都市帝国下部。

2019-06-22 (Sat) 00:00
2202ヤマトのOPの絵で、
白色彗星帝国の彗星の下部に、攻撃を受けるヤマトの場面がチラッと出て来ているのです。
大体、OPが始まって1分位したところの絵です。

そう。
あれは、
旧作「さらば/ 2」のあのガトランティスの都市帝国下部みたいにしか見えない。
あの下部が出て来て、そんでもって、コスモタイガーみたいな戦闘機も映っているように見えたし、
少し前に地球をバックにして姿を見せるヤマトが出て来るのですが、まるで旧作の場面を彷彿とさせるものでした。


これを見て、
まさか、旧作のどちらかの通りになって行き、このOPの絵がいずれ出て来るのかな?などと、頭の隅を掠めました。

「イメージとして描いているんだろうな」とも思い返したりしたのですが、
OPが綺麗にきちんと描かれているから、なんだか段々自分に自信がなくなって行きました (^_^;)。←別に自信を無くす必要もないのですが。


「さらば」で、
都市帝国から回転ミサイルがヤマトに撃ち込まれる場面です。

--- --- --- --- --- ---
「反転急降下、都市帝国の下部へ回避せよ!」(土方艦長)
「了解!傾斜角一杯!全速急速降下!」(島君)
--- --- --- --- --- ---

回転ミサイルはヤマトに何度か撃ち込まれ、
脇腹の辺りをミルに撃たれ、体力的にも無理だった雪は、その振動で自席から投げ出され、そして、最期を迎えて行くのでした。



都市帝国下部にヤマトが回避して行く姿を見ると、私は反射的に胸の辺りが苦しくなってきます。

先がどうなるか分からない中でOPを作らなければならない時というのは、旧作のそういう切ない場面を持って来るものなのですね (。>_<。)。

結果として、2202のガトランティスは彗星を利用した姿ではありませんでした。
雪が亡くなってしまうのかな?なんてことは無くなりましたが、それに近いことや酷い仕打ちはもっとあったけれど、
あの切ない場面はなくなりました。
とすると、あの絵が当てられたOPって、ほんと、先は分からないけれど、取り敢えずの形を整える為のものだったんですね。
無難と言えば無難です。
まあ、OPで早々に2202のガトランティスの正体をバラしてしまうことは出来ないでしょうし (^_^;)。


「さらば」を見ていて、その絵がとても若い!と、思いました。
というか、結城さんの絵が、線が沢山入っているからなのか、思っていた以上にリアルな感じで、大人っぽく見えるんからなんでしょうか?

丁度その場面の「反転急降下、都市帝国の下部へ回避せよ!」と言っている土方さんが凄く若いと思ってしまって、吃驚しました。
ズォーダー大帝も意外とシンプルで、
なんだか笑っちゃいました。
松本零士さんのタッチが色濃く残っているんですよ。

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト
ジャンル : アニメ・コミック

感想 | comments(4) | trackback(0) |

島君のお誕生日について。

2019-06-21 (Fri) 00:00
2199で古代君のお誕生日は7月7日になりました。
島君は8月15日でして、これにはちょっとビックリでした。

日にち、というのではなくて、
島君の方が古代君より早く生まれたような気がしてならなかったからです。

あ、
これは旧作の島君の印象が大きかったんですが、島君の方が古代君よりお兄さんな印象があったので、
生まれた日も古代君よりも早い気がしていたからです。
でも、2199の島君も、少し同じ感じですかね。
2199島君と古代君も島君の方が大人な感じがするから、
古代君のお誕生日よりも前だろうと期待していたんですが、あっさり爆沈しました (^_^;) ☆。


島君の方がずっと落ち着いて見えた旧作では、
さらに、古代進君の弟気質的部分を考えても、島君の方がお誕生日が早く来て欲しかったです。

因みに、5月5日にして欲しかったんです。
なんだか、島君って、子供の日に飾られる鎧兜がとても似合いそうな感じが昔からしていました。
完全に私の妄想でしかないのですが (^-^)。

6月6日が伊東のようですから、
そんなお誕生日のつけ方も面白かったのでは (^_^;) ☆彡 ←勝手 。

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト
ジャンル : アニメ・コミック

感想 | comments(2) | trackback(0) |