宇宙戦艦ヤマトの創作二次小説と思うことなど

»カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
»プロフィール

ゆきんこ

Author:ゆきんこ
こんにちは。ヤマトの古代君と雪が大好きです!

»最新記事
»最新コメント
»最新トラックバック
»月別アーカイブ
»カテゴリ
»訪問者数
»RSSリンクの表示
»リンク
»検索フォーム

帽子②。

2018-05-10 (Thu) 00:00
先日、TVで、海上自衛隊だと思うのですが、それも潜水艦の訓練の映像だったか・・・を放送しているのを見て、「フラーケン」を思い出しつつ、その人達は制服の一つとして、仕事中はキャップ風の帽子を着用しているのを見ました。ああ、そういう感じでお仕事をしているのかと思いました。
帽子の文化、制帽の文化って、西洋から来ているものと思うのですが、よく取り入れたなぁ、と思って。


帽子つながりで、艦長帽について、です。
まあその、
それを被っていたなら「あ、この人艦長なんだ」と、思うけれど、
暑くないのかな?
うざったくないのかな?
一度被ったらずっと被っていたくなるものなのかな?
やっぱり、あれを被ると身がシュッと引き締まりますか (^^)?
男が上がるからずっと被っていたくなるとか (^^)?


艦長帽。

wikiの「制帽」を見てみると、被っている映像がいくつか出ているのですが、
思っていた感じと少し違うかな、というか、沖田さんや土方さんの被っている姿が素敵過ぎて、
出ている被っている姿ちょっとがっかりでした。

ツバに片目を隠した顔の角度もカッコいい沖田さんと土方さんのあの感じがすっかり心に刻み込まれてもいるし。
改めて2199公式サイトのキャラクターで、沖田艦長や土方さんの艦長帽姿を見ると、ああ、これだ、と、思ってしまいます。
この、ヤマトに出て来る艦長帽が素敵過ぎるのでしょうか (^^)?

wikiに出ている軍帽と比べると、ヤマトの艦長帽は白い部分がたっぷりしていて、やっぱりなにかこう、良いのであります。
全体的に堅いのか、思ったよりは柔らか目なのか?触ったことがないので分かりません。


決まり事だから被るのでしょうが、被ったら被ったで、そんなものと、気にしなくなるのでしょうか、ね。

何か会議などに馳せ参じなければならない時に小脇に抱えて行ってその場所で被って、
他の場面では適当にそこら辺に置いといて、というものではないのですね。規則だからなのでしょうが、みんな律儀に被るものなのだなと、改めて思います。

旧作で、
沖田艦長なんて、倒れて治療中の際にも律儀に被ってましたもんね。佐渡先生辺りが脱がしてあげてもいいのに← (^^)。
頭に引っ付いて、離れないんじゃないかという (^^) 。
関連記事

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト
ジャンル : アニメ・コミック

| comments(0) | trackback(0) |

コメントの投稿

非公開コメント