宇宙戦艦ヤマトの創作二次小説と思うことなど

»カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
»プロフィール

ゆきんこ

Author:ゆきんこ
こんにちは。ヤマトの古代君と雪が大好きです!

»最新記事
»最新コメント
»最新トラックバック
»月別アーカイブ
»カテゴリ
»訪問者数
»RSSリンクの表示
»リンク
»検索フォーム

戻る位置。

2018-05-13 (Sun) 00:00
ラジオを聞いていたら、パーソナリティーの人が、
「花粉の時期になるとコスモクリーナーDがあったらいいな、なんて思った」なんて言ってまして、
思わず笑ってしまいました。

確かに (^^)。

環境の浄化をしてくれるという点で、仰る通り。
でも、スギ、ヒノキ等々の花粉を除去するためにイスカンダルに行けるものなら行ってみたいですね。
こうなると、地球内での植物と人間の攻防になってしまうけれど (^^) 。


コスモクリーナーDもコスモリバースシステムも、酷い環境を元の状態に戻してくれる装置だと思うけれど、
どちらも元の地球環境・・・ガミラスの攻撃前の状況に戻すのだろうと思っていました。

コスモリバースシステムについては、小説だと、もっと原始的な昔の自然に戻しているんです。
第一巻P93「人類は石器時代の環境に一瞬にして投げ出されたのだ」。


あれれ~・・・。
ここまで一気に遡るんだ。映画の方はどうなんでしょう。


確かに、「石器時代の環境」と言われると、毒のない(美味しい)空気に満ちた自然環境だと想像してしまいますが、ここまで戻らなくても!戻り過ぎたから色々な歪みが出て、逆に時間の歪みも出て来たのではないか、なんて。


コスモリバースシステムを動かすには、地球の記憶が必要だったわけですが、その結果もどった自然環境は、少なくとも、沖田艦長個人の生きた、沖田艦長の知っている自然ではありませんでした。

搭載された地球の記憶は、
それは、たまたま沖田艦長のモノでありましたが、沖田艦長の、というよりも、人や地球が進化して行く中での、人類にとっての原初に体験した記憶に還ったのかな、と、上手く言えてませんが、思いました。
誰の記憶が搭載されても、人類進化の過程で潜って来たその記憶は同じだから、です。


リセットする為には、そんなにも時代を遡る必要があったのだ、と。(小説版では。)
人類がして来たこと全てが毒で、毒を垂れ流して来たのかな、なんて思うと、落ち込みますね。
人間生活って、悲しいです。
関連記事

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト
ジャンル : アニメ・コミック

状況 | comments(2) | trackback(0) |

コメントの投稿

非公開コメント

ゆきんこ様
こんにちは

小説では石器時代にもどるんですね。空気や水が美味しくなっていいです。

石器時代まで遡るということを聞いて、
関連性はないと思いますが、時間断層ってコスモリバースが遺伝子レベルで地球の歴史を遡り、生命の活動が著しく弱まった時期のことなねかな?って思ったりしました。強いて言うなら、氷河期とか恐竜絶滅の時期。地球レベルで生命の活動が弱まった時。それも気の遠くなるような時間のことなのかと。

Re: タイトルなし

現代はじめ様、こんばんは~  (^^) 。

どの程度まで遡るなど、イスカンダルからの説明はあったんでしょうか、ね?

小説版の方だけを考えると、
浄化してくれると言っていたけれど、そこまでになるとは考えられていなかったのではないのか、
スターシャも、そこまでのことは言っていなかったような気がしてなりません。
兎に角、浄化するのだから、と。

それはそれで、なんだか危険な様な気もします。
空気というより、環境が、ですね。
それにちゃんと馴染むことが出来るのだろうかという・・・。
その時いた人類と、
2199~2202を生きる人類の体力とか、耐性とか、体に大丈夫なのかな、って、やはり思ってしまいます。

現代はじめ様では~ (^_^)/~。