FC2ブログ

宇宙戦艦ヤマトの創作二次小説と思うことなど

»カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
»プロフィール

ゆきんこ

Author:ゆきんこ
こんにちは。ヤマトの古代君と雪が大好きです!

»最新記事
»最新コメント
»最新トラックバック
»月別アーカイブ
»カテゴリ
»訪問者数
»RSSリンクの表示
»リンク
»検索フォーム

「ヤマト2」のテレサと2202ガトランティス。

2018-05-14 (Mon) 00:00
「いま語るべき宇宙戦艦ヤマト」(竹書房)の、『宇宙戦艦ヤマト2』の章、P76「超能力少女テレサの幸せとは」
というページをたまたま開いていて、目に入って来たのが、次の文でした。

--- --- --- --- --- ---
ひとりテレザリアムに住み、ひとりで死んでいくしかなかったテレサはヤマトの島大介を通じて「愛」という感情を知る。
テレサは島のため宇宙のため封印していたこの能力を使いズォーダーに立ち向かう。
--- --- --- --- --- ---

『「愛」という感情を知る。』というところに、「2」のテレサと、2202のガトランティス、あるいはサーベラーって、
あれ?なんだか似ている、と、思ったんです。


テレサは「愛」という気持ちを知ったことで、持ったことで、自分の感情を上手くコントロールすることが出来なくなって、それ故自分の力もコントロールが出来なくて、ヤマトの通信システムを混乱させてしまいました。
その辺り、メーザーやコスモダートの精神の動揺をひき起こし、あらぬ行動を取らせた、あの、場面につながる様な気がしました。


テレサはその後、島君を守ろうとして自分の力を使い、彗星帝国に立ち向かって行きました。
「愛」を消せず、思い出しつつあるサーベラーも、きっと何か誰かの為に行動を起こすと思うのですが。

私達が第5章で流す涙は、サーベラーの為?キーマンの為?
サーベラーへの涙なのではないかと思うのですが、・・・でも、加藤君も泣いていますね?
誰かが誰かを庇って、助けようとして、そして亡くなる、というのが沢山続くのでしょうか。
関連記事

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト
ジャンル : アニメ・コミック

状況 | comments(0) | trackback(0) |

コメントの投稿

非公開コメント