宇宙戦艦ヤマトの創作二次小説と思うことなど

»カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
»プロフィール

ゆきんこ

Author:ゆきんこ
こんにちは。ヤマトの古代君と雪が大好きです!

»最新記事
»最新コメント
»最新トラックバック
»月別アーカイブ
»カテゴリ
»訪問者数
»RSSリンクの表示
»リンク
»検索フォーム

少しは話す場面があったら面白いのにな~。

2018-05-16 (Wed) 00:00
キーマン君は雪を見て、ユリーシャに似ているとかなんとか、そういうことを言う場面が無いのがつまんないです。
ユリーシャやイスカンダルとか、そんなことを言っている暇がないからなのかな。

バレルさんクラスでも、スターシャを間近に見ることなんて、ないのですかね。
肖像画位はあって、それを見て知っている位なのか。
2199で、ユリーシャを拉致しようとした時に出て来た、あのホログラフ映像。
ああいう映像自体、持ち出し禁止のマル秘事項だったりするのかな?

いや、しかし、ああ、そうだ。

収容所惑星で出て来た収容所の所長は、「やっと姫様らしくなりましたな」と、イスカンダルの衣装を着たユリーシャ(実は雪)に対して言ってましたもんね。
この人は、バレルさんよりも地位が低いような気がするのですが、
ってことは、イスカンダルの姫さまは気高すぎて側にも寄れない、というのではないし別に、姿を隠した存在ではないのですね。
所長の態度は、なんだか、知り合いのお嬢ちゃんに対するような話し方であったような。ちょっと失礼な気がしないでもなかったです。

エリーサもユリーシャに対して只管恐縮している訳ではありませんでした。
とても自然に接していました。(ユリーシャと間違えられた雪に対しても)
気さくに接しているというか、目茶苦茶恐れ多い感じの態度ではないところをみると、
イスカンダル人はいい感じでガミラス人に受け入れられているんだなと思いました。

じゃ、
キーマン君はユリーシャの存在はしっているけれど、そうそう近くで見ている訳ではないし、あんまい興味がないのですかね。
そんでも、
キーマン君と雪が話す場面があったら面白いのにな~ (^^)。
関連記事

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト
ジャンル : アニメ・コミック

状況 | comments(0) | trackback(0) |

コメントの投稿

非公開コメント