宇宙戦艦ヤマトの創作二次小説と思うことなど

»カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
»プロフィール

ゆきんこ

Author:ゆきんこ
こんにちは。ヤマトの古代君と雪が大好きです!

»最新記事
»最新コメント
»最新トラックバック
»月別アーカイブ
»カテゴリ
»訪問者数
»RSSリンクの表示
»リンク
»検索フォーム

第5章冒頭10分キターっ o(^o^)o ☆。

2018-05-20 (Sun) 00:00
キターっ ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆!!

そして、やっぱり、てんこ盛り確実だ~っ o(≧▽≦)o ☆☆

なんですか、あのくるくるのお人は、おに、おに、お○○○○~???
そしてガミラスの純潔ですかっ?

吃驚したのは、デスラーにも親がいたんだってことです! ← いや、なんというか、兎に角驚いた!
いえいえ、人間なら当たり前ですが、肉親の感じなんて、今までずっとなかったから!

そして、やっぱりキーマン君は歳の離れた○○○○なのですね?

想像もつかない所に連れて行ってもらえそうです o(^o^)o ###

ああ、待ちどおしいったら!! 
関連記事

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト
ジャンル : アニメ・コミック

感想 | comments(4) | trackback(0) |

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは。
てんこ盛りですよねw
待ち遠しくて寝れません。1週間ながっ!
セリフでイスカンダルに頼む、いや頼まないというのが
ありましたが、イスカンダルならなんとか出来るんでしょうかね。
ガミラスの星の寿命を。
他の星では長く生きられないらしいですが、11番惑星にたくさん
入植してたよーw 純血ガミラス人じゃなかったのかな。
リリィだっけ?あの子からんできますかね。
わたしのたった一人の愛する人のためにというデスラーのセリフが2199でありましたけど、テレサの見たデスラーの愛はどういうものなんでしょうね。幼少期の記憶からどう結びつくのかな。

お兄さんのお葬式の時にお兄さんの奥方のお腹のなかにキーマン君?
デスラーはキーマンの存在をどこまで知ってるのかな。
憎む対象になる?
なんだかデスラーの見方が変わりました。
救いを求めてるからテレサの元に来たのかなぁなんて。
あぁぁ先行見た方は面白かったと言われてますよね。
楽しみ〜〜

Re: No title

ヴェル様こんにちは~  (^^) 。

>セリフでイスカンダルに頼む、いや頼まない

ここが大変頭の中に残りました。
「頭を下げるのか?」みたいなセリフもあって、これを聞いて、
28年前には、イスカンダルには人が沢山いたのだろうか?と、思ってしまいました。
その時には沢山いたのに、それから一気に3人にまで減ったのかな?
それは何故なんだ?、と、
第5章の内容とは違うことを思い浮かべてしまいました。

さて!!

思いもよらない展開になりそうですね。その方が有難いです~ o(^o^)o

お父さんはいないのですかね?亡くなったのかな?
でも、お母さんのお腹に赤ちゃんがいる(多分キーマン君のことだと思うのですが)ということは、
授かった後にお父さんは亡くなったということなんですか?だからお兄さんがあの会議に出席していた?
それとも、あそこにお父さんはいたのでしょうか?分かりません~

テレサもなんなんでしょう~ (*^^)v。
実に楽しみです (^^)。

ヴェル様ではです~ (^_^)/~。

No title

こんにちは。
キーマンはマティウスの子供だと思うので
アベルトの甥っ子になるんじゃないかな。
マティウスが亡くなった時、マティウスの奥方が授かったばかりと
言っていたので。
マティウスとアベルトの父親は亡くなっているんでしょう。
叔父が有力貴族デスラー家のトップだけど子が無く
甥のマティウスが後継者なんだと思います。
マティウスが生きていればキーマンが直系の跡取りになったはず。
対立するのか協力するのか。

Re: No title

ヴェル様こんばんは~  (^^) 。

わーい!ありがとうございます!!
確かに、「奥方が子を授かったばかりだというのに・・・」というセリフが聞こえて来ました!!
アベルトとマティウスのお母さんがご懐妊なのかなと思っていました!

ああ、すっきりしました m(__)m 。

で、あれば、アベルトとキーマン君の仲は、中々ちょっと、って感じですね。
ううむ。
更に目が離せませんね。

しかし、
デスラーを好きになったらどうしよう~ (^_^;)☆。というか、
古代君、どうした!!

ヴェル様ではです~ (^_^)/~。