FC2ブログ

宇宙戦艦ヤマトの創作二次小説と思うことなど

»カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
»プロフィール

ゆきんこ

Author:ゆきんこ
こんにちは。ヤマトの古代君と雪が大好きです!

»最新記事
»最新コメント
»最新トラックバック
»月別アーカイブ
»カテゴリ
»訪問者数
»RSSリンクの表示
»リンク
»検索フォーム

第5章について ②。

2018-05-28 (Mon) 00:00
またまた、今回も、一応、ネタがばれないように、折りたたませて頂きます (^^)。

それでもいいよと仰る方は つづき から お進みください m(__)m 。



二回目を観に行ってきました。

一回目は、全部の筋肉も感覚も硬直していたようで受けとめるだけでした。
二回目になって、一度観ていたことがあって内容が分かり、登場人物が言っていること等が染み入って来て、
ああ、いいな、と、思いました (^^)。

色々なことが回収されて来つつあった回で、
多くがガミラスとガトランティス側のことだったりしたので、ヤマト乗組員の大きな動きを観ることはありませんでした。
だから、ヤマト乗組員に注目したかった私としては、ヤマトが出て来る場面も少なかったので、艦隊戦になっても、ちょっと退屈というか、長く感じてしまっていました。
でも、二回目で、その辺の流れもわかって観ると、それも納得。

で、やっとヤマトが出て来たと思ったら、ああ、次回まで半年待たなければならないだなんて (ToT)!!

けれど、注目点は全部なんです ←! (^^)。
しかし、疑問もまたまた出て来たし、
あれは何なんだろう、これはどういうことなんだろうと、新たな楽しみも出て来ました。



思いついたままに書いてみると、

①2199時のアベルト・デスラーの理解不能のあの行動を回収
②ガミラス星の寿命とイスカンダルとの関係について(コスモリバースシステム)←デスラー家のイスカンダルへの敬愛は?
③キーマン君の過去とこれから(山本玲とのこと)
④デスラー体制派とその指導者の逮捕によるアベルトの帰還叶わず→放浪決定?
⑤アベルト・デスラーは大帝に何を願う積りなのか→テレサが消えてしまったのにこれからどうするのかな?
⑥雪にもテレサの声が届いているではありませんか
⑦反波動格子のあの操作器?どうして加藤君が持っているのか(だって、キーマン君の物でしょ?)
⑧桂木透子はどうしてあのままにされているんでしょうか
⑨加藤君のあの行動は?
⑩艦隊。地球側もガトランティス側も、沢山!!
⑪あの彗星の気流の中から出て来たあれ。


⑪についてから、語らせて頂ければ、
最初、カボチャやスイカを思い出してしまったのだけれど、
よーく、よーく考えて見たら、あれは「ヤマト永遠に」に出て来たフレームっぽい感じで作られていたデザリアム星に似ているのでは?
あの、スカスカな感じ。
そして、あの中に、星?を内包しているように見えたのですが?
なんだかかなり馬鹿デカいです。


⑫ズォーダーは、自分ごと生命を死に至らしめようとしているんですか?彼は何を背負っているのか。
⑬あの母子像。緑色の肌をした子はズォーダー大帝?
⑭ミルって何者?
⑮アケーリアス人の他に、ガトランティス人を造り出したゼムリア人って人達がいたのですか。
なんでゼムリア人のサーベラーがガトランティスにただ一人いるんでしょうか。彼女はどういう苦悩を背負っているのか。
⑯藤堂さんって?


謎の解答はこれから出されるわけですね。ううむ。
関連記事

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト
ジャンル : アニメ・コミック

2202 | comments(4) | trackback(0) |

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ゆきんこ様
こんばんは

さすがゆきんこ様。多くを回収されましたね。

ガミラスがイスカンダルにとって喉元の刃を突きつけていたのはなんだったのか、私には何かわからなかったです。

キーマンのお母さんは反乱分子のような感じでした。苦しい生活だったと言ってましたね。そしてキーマンにとって母親と玲がリンクしている。

大帝との交渉でデスラーが不快な表情してましたね。6章の宿命の対決とやらは、ヤマトVSデスラー?命じられるというより、やむを得ずヤマトと再戦するかもしれません。

雪に届くようになったテレサの声。ちょっとニュータイプ的ではあったのですが、雪は一体何者なんだという感じに。

桂木さんってなんでも作れる?薬も作ったっていってましたね。一瞬、大帝からのコスモウェーブがきたような感じがありました。ヤマトを機能不全に陥れ、彗星内部へ連れ込んだ形ですかね。つまり大帝のもとへ戻れる?

都市帝国はあの波動砲の集中砲火を遮る力があるので、事実上、最強の要塞ですね。でも上と下に奇妙な赤い光が発行してました。やはり弱点は上と下か?

ガトランティスは宇宙ごと集団自殺しようとしているのだと感じました。なぜそれをしなければならないか・・・よくわかりませんが・・・・

ミルは確かに、なんかありますね。しかし、ミルに撃たれたのがキーマンになるとは。

藤堂さんは気になりますね。ゆきんこ様言うように、テレサの化身かも。でも藤堂という名前を使っている以上、長官の娘のはずなんですが・・・・

加藤も危うくなってきた。



No title

こんにちは
内容濃いいですよね。
伏線だらけというか、考えるセリフいっぱいでした。
テレサはデスラーに「貴方は指導者でいられる」と言ってるし、
古代との縁を作ったストーリーから考えて、ガミラスの総統に返り咲くのかなとか。
福井さんが旧作であったけどを2199では必要なかったセリフを使うと言ってます。
2199では使う場面がなかったという事らしいですが、ガミラス本星の滅亡に関連する事なのかなとか。
ミル君のセリフで「その衝動と感情が宇宙を滅ぼす」って言ってるけど、滅亡させたいんじゃ無いの?とか。
キーマン見てニヤとしたり、殺そうとした意味とか。
どうなんでしょうね〜〜

Re: No title

現代はじめ様、こんばんは~  (^^) 。

>ガトランティスは宇宙ごと集団自殺しようとしているのだと感じました。

自分が自分を嫌いなんですね、きっと。
愛を欲しくて堪らないのにそれが出来ない自らの存在を憎んでいるような感じです。
だから、愛とは何かと、愛を知る者達を試して、確かめているのだと思うのですが・・・。


今回、ミルに撃たれたのがキーマンになるとは!
血が出たし、包帯も巻いたし、
すっかり古代君や雪のお株を奪ってしまったキーマン君です。
そしていい奴と来たので、古代君、ピンチ!!

第6章のキービジュアルでしょうか?
古代君が気を失ったような雪を抱き上げている姿がありますが、
雪が再び亡くなるなんてことになりませんように (ToT) 。


現代はじめ様ではでは~ (^_^)/~。

Re: No title

ヴェル様こんばんは~  (^^) 。

>伏線だらけというか、考えるセリフいっぱいでした。

あ、言われてみると、そういう第5章だったですね。
大きく動いている感じはなくて、6章、7章へつなげる為の章だから、色々インプットされて考えさせられて、
だから、結構疲れるというか。

ってゆーか、
もう、全部が謎めいて見えて、聞こえて、しまいます。
どこが分からないとかって、全部がまだ、そんな感じです。
7章まで見て、漸く、掴めるのかな、って。

キャラクターの心の中が見えないから、・・・大帝、サーベラー、ミルとか、ガトランティス側の人達が正体不明で、、
物語もどう展開して行くのか先が見えなくて、
彼等の言葉を紡いでいっても、そこにある思いが、まだまだ、捕えられなくて~ (>_<)。

そこが楽しみでもある訳ですけど。

しかし、
半年も、悶々とするんですね~ (^^)。

ヴェル様ではまたです~ (^_^)/~。