宇宙戦艦ヤマトの創作二次小説と思うことなど

»カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
»プロフィール

ゆきんこ

Author:ゆきんこ
こんにちは。ヤマトの古代君と雪が大好きです!

»最新記事
»最新コメント
»最新トラックバック
»月別アーカイブ
»カテゴリ
»訪問者数
»RSSリンクの表示
»リンク
»検索フォーム

3の線のアナライザー、プリーズ   (^_-)-☆ 。

2018-06-14 (Thu) 00:00
そういえば、アナライザーの活躍は?と思って考えてみたら・・・、
ああ、そうだそうだ、ありました。

レギオネルカノーレが地球に向けられていることをアナライザーが計算していたとか、
第11番惑星でだったか、岩盤に押し潰されそうになった時、マグネトロン・プローブを打ち込むべき岩盤を計算するとか、
確かにちゃんと活躍していた!!
まじめなアナライザーばかりなので、ちょっと物足りない私でありました。
「3の線」がすっかり排除されているんですもんね (^-^)。残念。


「ヤマト2」では、アナライザーと斎藤が、雪を巡ってライバル関係で、丁々発止やっていたのが懐かしいです。
ボツにはなったけれど、斎藤が雪にちょかいを出そうとして、それを振りほどこうとして雪が斎藤を投げ飛ばす場面もあったようで、

確か、「蛍」関係のことで、重力制御装置が壊れて、無重力状態になった時のだと思います。

そういう楽しさが2202にはちょっと足りないかな~ (^^) 。


足りていたという意味では、
そういえば、2202第5章で、
雪と古代君が手を繋ぐ、という場面がありました。
古代君と雪のファンとしてはありがたく思わなければならないシーンだと思いますが、
私は見ていてちょっと照れてしまいました (#^^#)。

そういうのは、ひと目のないところでやって欲しいなぁと (*^^*)。
第一艦橋で。
そんなことしてくれるなよ~  (〃▽〃)。

だって、艦長席の土方さんに見つかっちゃうではないか、と、ドキドキ、ヒヤッとしたのは私だけでしょうか。


旧作の古代君だったら、多分しないと思いましたよ~ (*ノωノ)
関連記事

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト
ジャンル : アニメ・コミック

2202 | comments(2) | trackback(0) |

コメントの投稿

非公開コメント

ゆきんこ様
こんばんわ

いやいや、旧作2でも人目をはばからず、愛を語ってましたよ。あの二人。たしか斎藤とアナライザーが、歯が浮くからやめてくれと言ってた場面があった。

2202のそっと手を繋ぐほうが、まだいい感じしますけどね。

雪が斎藤を投げ飛ばす。
私は雪のエンケラドスでガミロイドに見舞った、ひざ蹴り、肘打ち?が、雪の印象をちょっと違う感じにしてよかったと思いました。それなりの鍛錬で格闘術もこなせるのかと。最強の女、サーベラーにもお見舞いしてほしいです。

Re: タイトルなし

>2202のそっと手を繋ぐほうが、まだいい感じしますけどね。

わ!ほんと、っすか (*o*)?

>最強の女、サーベラーにもお見舞いしてほしいです。

玲相手のバトルは凄かったですね。
桂木透子さんは、あの、時々挿入されて来る赤ちゃんを抱いた女の人・・・のコピーなんでしょうか?
非常に女らしい感じの人ですが、その人もあんな風に殴ったり締め上げたりするんですかね。

サーベラーは特別力が強いのか?
それともゼムリア人の身体能力とか膂力がもともと強いのですかね。
首を締め上げられている玲のあの場面、こっちも息苦しかったし、なんだか痛かったです。

下手なヤマトの男子乗組員よりずっと強いです。凄いもんですね。

現代はじめ様ではまた~ (^_^)/~。