FC2ブログ

宇宙戦艦ヤマトの創作二次小説と思うことなど

»カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
»プロフィール

ゆきんこ

Author:ゆきんこ
こんにちは。ヤマトの古代君と雪が大好きです!

»最新記事
»最新コメント
»最新トラックバック
»月別アーカイブ
»カテゴリ
»訪問者数
»RSSリンクの表示
»リンク
»検索フォーム

円盤が来た ②。

2018-06-26 (Tue) 00:00
円盤が届くと必ずオーディオコメンタリーから観てしまいます。

今回の登場者である山寺さんと麻宮さん、そして監督も福井さんも、その他のスタッフも、
全員の思いが込められてヤマトが作られているんだな~と、聴いていてとても嬉しくなります。
私は、そういう思いを沢山聞きたいです。

意見を纏められた最終が映画館で上映されるわけですが、
その変化を詳しく知ることが出来たら面白いだろうな~。そういう資料が欲しいです (^-^)。


オーディオコメンタリーの中で、土星会戦ではヤマトを艦隊戦で使う案もあったようですね?
最初聞いた時、ヤマトが活躍するところをもっと見たかったから賛成!と、思ったのですが、

でも (-_-)!!

ヤマトとガトランティスの戦いと、
地球艦隊とガトランティスの戦いは、やはりヤマトは別に出した方がいいのかもしれない!
と、思いなおしました。
ヤマトの戦い方は、アンドロメダ達とは違う戦い方をして欲しいからです。
数で相手を打ち負かすのではない、違う戦い方をして欲しいから。

大体、艦隊の波動砲防衛構想を持ったアンドロメダ艦隊と、作戦上、上手くやって行けるのかな、というのがあります。
作戦の擦り合わせもしていないと思うし。←訓練された軍隊だからヤレ、と言われればやるのだろうけれど。

ヤマトは、第一話の「ゆうなぎ」みたいな行動になった方がいいのでは。
土方さんが艦長していますし、その方がヤマトという艦が生きるような気がするから、です。
関連記事

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト
ジャンル : アニメ・コミック

感想 | comments(2) | trackback(0) |

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ゆきんこ様
こんばんは

2ではヤマトは土星海戦のとき、別動隊として奇襲に参加してましたね。やはり大艦隊の一角より独立舞台のほうが際立ちますね。それに不可思議に思えても、ヤマトは一隻で戦うということが似合ってますね。

2202の話ではないのですが、最近知ったんですが、ヤマトの主題歌って3コーラス目と4コーラス目があったんですね。歌詞も非常に高揚させられるものでした。

花咲く丘よ 鳥鳴く森よ 魚棲む水よ 永久(とわ)に 永久(とわ)に

とか

戦いの場へ 旅路は遥か 命の糸が 張りつめている

3コーラス目の永久(とわ)にというのが 永遠に の主題歌になりそうですかね?

4コーラス目は完結編?それとも新しき物語か・・・

でも全歌詞の最後は、銀河を超えてイスカンダルへとなっているのが定番ですね。

何語か知りませんが、イスカンダルってアレキサンダーの別名らしいですね。って前も聞きましたっけ?

Re: No title

現代はじめ様、こんばんは~  (^^) 。

調べてはいないのですが、
私の記憶では、
3コーラス、4コーラス目って、西崎プロデューサーが作ったと聞いたような。
>イスカンダルってアレキサンダーの別名らしい

そのようですね。
それに、確か、西遊記みたいに、ガンダーラに有難いお経を取りに行く、という構想がベースにあるらしいですね。

色々な人が携わり、それぞれの思いを集め花と開いたのがヤマトだったと思いますが、
作った人たちの思いをはるかに超えて、訴えるものがあったのだと思います。
どうしてそんなことが出来たんでしょう。
戦争をまだ身近に感じられたあの時代だから、上り調子の経済の時代だったから、
戦艦だったから思いを乗せられた人が多かったとか?

「ヤマト」こそ、(コスモリバースシステムみたいに)魔法みたいな話であります。

現代はじめ様、ではではです~ (^_^)/~。